歯の外観を損なわない!?目立たない歯の治療方法について


保険適用で出来る治療もある

治療した痕跡が目立つことがない歯の治療は自由診療でしかできないと考える方も多いですが、症例によっては保険適用で出来る場合もあります。虫歯がそこまで進んでおらず、さほど削る必要がなかった場合には、歯と同じ色の白い詰め物を入れる治療が主流なので、歯の外観を損なうことがありません。もちろんこの治療は保険適用でできますから、さほど出費も強いられません。白い詰め物は保険で適用出来る例とそうでない場合がありますから詳しくは歯科医師と相談しながら治療をするのが大事です。

差し歯の治療を美しくする

目立たない歯科治療は差し歯などにも応用されています。保険適用で差し歯を作る際には、コストを抑えなければならないので、金属製のものと使わなければいけませんが、自由診療で差し歯を作る場合にはすべてセラミックでできた素材に変更ができます。金属を使っていなければ、差し歯による歯茎の変色などもなくなりますから、歯の美しさを保ち続けることが可能です。これらの差し歯は一本あたり数万円ですが治療を試す価値はあります。

矯正歯科の分野でも使われている

目立たない歯の治療は虫歯治療や一般歯科診療のみならず、矯正歯科の分野でも応用されています。矯正歯科の目立たない治療というのは、裏側から矯正器具を設置して矯正する方法です。通常歯の表面側に設置する器具を歯の裏側につけることで、矯正を実施している最中にも不自然な印象を与えることがなくなります。従来の歯列矯正を躊躇されていた方でも、この治療なら行うというケースも多く、現在ではかなり一般的な治療方法になりつつあります。

歯のセラミックの料金は歯医者によってさまざまです。セラミックの技術力によって料金は大きく異なるので自分に合った歯医者に行くのが良いでしょう。