ちょっと気になる美容整形、その種類とは?


昔からおなじみ、バストアップ整形

美容整形といえば、やはりバストアップ整形がまず思い浮かぶのではないでしょうか。バストアップ整形には、切開してバッグを入れる方法と、切開せず物質を注入する方法があります。注入する物質は、近年は自然な柔らかさが重視されるようになっており、コストによって種類が異なります。代表的なのは、高額ですが半永久的に持続する「プロテーゼ」、安価ですが時間とともに吸収されてしまう「ヒアルロン酸」があります。前者は修正が難しく、後者は修正が比較的簡単だという違いもあります。

最近はやりの、二重整形

近年、二重整形を安価で受けられるようになり、若い世代にまで浸透しつつあります。二重整形には、様々な種類があります。たとえば「埋没法」、これは瞼の裏に糸を入れて引っ張る方法で、もっとも手軽なものです。切開しないため比較的自然な二重になり、糸を切れば修正も簡単です。「切開法」では、一生ものの二重を手に入れられますが、元に戻せないため慎重を期する必要があります。また、腫れぼったい目をなんとかしたい人には、「瞼の脂肪吸引」などもあります。

その他、顔まわりの整形いろいろ

顔まわりの整形としては、他にも鼻に関するものがあります。プロテーゼを注入して鼻を高くしたり、鼻の穴の皮膚を切除することで小さくみせたりといった美容整形です。また、輪郭にまつわる美容整形も増えてきました。たとえば顎やエラの骨を削って小顔にみせたり、ヒアルロン酸を注入して他の部位を伸ばすことで、気になる部位を相対的に小さくみせたりといった方法があります。どうしても自分の顔を好きになれない、そのせいで楽しく生活できないというお悩みを持っているならば、一度美容整形のカウンセリングを受けてみるのはいかがでしょうか。

フォトフェイシャルとは、顔にあるシミやそばかす等にIPLという特殊な光を当てて、内部から活性させて除去する施術です。しかし高度な技術が要るので、信頼できる医療機関で施術するのが望ましいです。